コロナウイルスによる半導体電子部品業界への影響に対応するには?

 

コロナウイルスによる世界の半導体・電子部品業界の影響が日々増してきています。

 

2月:中国国内の封鎖に伴う原材料や中国生産の部品

 

3月以降:欧米、東南アジアなどで生産されている部品

 

4月:緊急事態宣言による国内工場の製造規模の縮小

 

実際、いち早く回復に向かっている中国では、電子機器製造の再開をしていますが、

基板上の部品が揃わず実装作業が中断している案件がある、ということを聞いています。

 

このような現状に対し、私どもエソスジャパンでは以下のサービスを提供させていただいております:

 

 1.海外の正規ルートからの調達

 

2.代替可能な部品に関しては、入手性のいいメーカーへの代替提案

 

3.優良市場在庫品のご提案

 
   

1.海外正規ルートからの調達

 

海外にある正規代理店や二次店など在庫からの調達で、私どもの通常の調達パターンです。

 

関連ページ:海外正規ルート在庫情報

 

2.代替品のご提案

台湾、韓国、中国などのメーカーやその代理店と取引がある私どもでは以前から取り組んでいます。

 

例えば、

 

・東芝、RoHMのディスクリート製品 → 中国JSCJ

 

・ヒロセ HIF3H-XPB-2.54-DSA → 台湾 Greenconn  GPHA210シリーズ

 

・TDK, KEMETなどの中高耐圧積層セラミックチップコンデンサ → 台湾 HolyStone

 

といったように優良アジアメーカーによる代替品、置き換え品をご提案しています。

 

3. 優良市場在庫品の調査

 

お客様からの依頼があった場合、国内はもとより世界中の在庫情報を調査します、最近、ご依頼が増えています。

 

関連ページ:市場在庫 流通在庫 情報

 

 

/既存の入手ルートからの回答納期が予想以上に長く間に合わない

 

/明確な納期の回答がなくスケジュールが組めない

 

といったことでお困りのお客様、私どもにぜひご連絡ください。

 

メール:sales@ethosjapan.com